2012年8月25日 (土)

2学期の準備

Pine

ネロ子の学校図書室の飾り付けに使えないかと松ぼっくりを採りにいく。
これで12月にリースを作るんだ。

お手伝いさせていただいている小学校・図書室ボランティアは今年で4年目になりました。
今週あたりから2学期の活動準備が始まり、メンバーからの連絡メールも頻繁に届きます。夏休みの間に各々しっかり充電できた様子で、文面からは9月からの始動に向けたみんなの意欲が伝わってくるようです。
ワタクシもがんばらないとなぁ。

この夏読んだ、学校図書館運営に関する参考図書の一冊。

500703

学校司書をなさっている成田康子さんの「みんなでつくろう学校図書館」
読み物としてとても面白く、且つ図書館運営のアイデア集としても非常に役立つ本で、ワタクシは付箋と赤鉛筆を握りしめてガンガン書き込みしながら読んでいます。
岩波ジュニア新書なので中学・高校生が対象の本ですが、大人が十分満足できる素晴らしい内容と思う。
図書室は本を借りたり読んだりするだけの場所でなく、本が好きでない人にとってもそこで時間を過ごすことが楽しいと思ってもらえる空間でありたい。筆者のそんな気持ちが本の隅々まであふれている本なのですよ。そして成田さんの文章はすっきりとわかりやすく、心にすとんと落ち、読むほどにまるで信頼できるカウンセラーに会っているような気持ちになって、だんだん胸が熱くなってくる。こんな司書さんがいる図書館はきっとステキな場所であるに違いない。図書館にはこんな人がいなきゃいけないんだと思う。

以前、公立図書館主催のワークショップに参加したことがありますが、その時に図書館長さんがおっしゃった「(子供たちにとって)学校の中に、ここに来れば自分の心を偽らなくてもいいと思える場所を作ってあげてください。それが図書室であるならこんなに嬉しいことはありません」という言葉がずっと心に残っています。図書室は子供のための頭脳にもサンクチュアリにもなるのですね。

はたしてうちの図書室はどうなんだろうね…

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

処暑

実家でお盆を過ごした後、長野で残り少ない夏休みを過ごしております。
新学期が始まるから、来週末には山を下りて大阪に戻らないといけませんが。
楽しい夏休みはあっという間に終わっちゃうんだ。

例年、山でのこの時期は気温が下がって長袖で暮らす日々なのですが、今年はいつまでたっても暑いので半袖のTシャツで夜を過ごしても平気です。
大阪の気温は連日35度を超えるとのニュースが…9月も暑いんだろうなぁ、やだなぁ。

今年の夏はいつものネロ子のキャンプに加えて学校の林間学校と夏期講習があったため、8月10日頃まで大阪に残っておりました。例年より街遊びできる期間が長かったので、
映画も何本か観られてラッキー。でも夏休みだからね、ポケモンとかNARUTOとかも観に行かされるんだよ(笑)。
お母さんの好みとしては、ティルダ・スウィンドンの「残酷な弓が支配する」を観に行きたかったのだけど、上映期間が過ぎててダメだった。アルモドバルの新作とかもだけど、気になる映画に限って上映回数がとても少ない。最近このパターンが多くて本当に困るんだな。
まぁワタクシがさっさと観にいけよって話ですが、これがなかなか時間が取れないんだよシクシク。集客の少ないヨーロッパ映画はDVDで楽しめって事なのか…

Kuwagata

恒例・山の虫画像。
山へ来たとたん、早速ミヤマクワガタ(♂)の訪問を受ける。
夜中にワタクシの部屋の窓ガラスに激突したところを捕獲。
虫じゃないけど、ほかにもサルとかテンとかまあ今年もいろいろやって来ましてね…(汗)

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

まるソン!2011

Maruson2011

もう夏だというのに、今頃去年の総括なんてw


まるソン!2011

01 DEAR FUTURE / Coaltar of the Deepers
02 Call It What You Want / Foster the People
03 Feel It All Around / Washed Out
04 Sunday Monday / 中田裕二
05 Film / Serph
06 The Heart Will Always Work Alone / Brent Cash
07 さよならの夏 ~コクリコ坂から~ / 手嶌葵
08 Mayonaka No Bossa Nova (Midnight Bossa Nova) / Pink Martini & Saori Yuki
09 What I Know /S way
10 Sunlight / Bag Raiders
11 Love Get Out Of My Way / Monarchy
12 Birdsong / Kyrie Kristmanson
13 Mouves / Tropics
14 BMPD / Smooth Reunion
15 Still Sound / Toro y Moi
16 Love Shine / The Black Skirts
17 Limit To Your Love / James Blake
18 Grande Comore / Southern Shores
19 Chinatown / Destroyer
20 笑い / パク・ジョンヒョクfeat.ユ・ジニョン(Donawhale)
21 Resting Day / Ole Borud
22 Blingbling (Feat. Taru) / Sentimental Scenery
23 できること / 福原希己江
24 ともだち / 坂本九


今年のGWは天気が悪くてお出かけできず、まるソン作って終わった気がする(笑)。

泣いてなんかないよ!

| | コメント (2)

2012年2月 2日 (木)

ゆきのひ

昨日は、新年最初の読み聞かせの日でした。
今週は1年生のクラスのお当番なので、低学年に大人気の佐々木マキさんの「ぶたのたね」、そして冬らしい内容のものでなにか…とエウゲーニー・M・ラチョフの「てぶくろ」を持参したのですが、学校の階段を上っているときにふとエズラ・ジャック・キーツの「ゆきのひ」はどうかなと思いつきました。

Thesnowyday

キーツの本はいつか読み聞かせで使いたいなと思っていましたが、このところニュースで連日大雪の映像が流れていますしタイムリーではないかと。ということで図書室の本棚からお借りして教室に持参。

ある朝、ピーターが目覚めたら外は雪が積もっていて一面真っ白な世界。誰も歩いていない雪の上にそっと足跡をつけたり、人型を付けてみたり。「ゆきのひ」は小さなピーターが経験する雪遊びを描いた絵本です。ページをめくると、雪の日に誰もがやったことがある雪遊びがどんどん登場します。大人になると「通勤が大変だ」とか「」雪かきが憂鬱」とかいろいろ考えてしまうものですが(笑)、子供にはとても楽しい、特別な雪の日。
読み進めながら「この遊びはしたことある?」「同じことしたことある人はいる?」と問いかけてみます。子供たちは自分の雪遊びの経験を私に教えたくてたまらないのでしょう、至るところから声が飛び交います。みんな嬉しそう。楽しいよね、読んでいる私だってわくわくするもの。それぞれが自分の「雪の日」を思い出しながらピーターと一緒に白い雪の中を歩く、そんな心の旅ができるのも本の楽しみ。

今日の大阪は午後から雪が降り始め、うっすら雪化粧をしたような風景になっています。
昨日のクラスの子供たち、大阪も雪が降ったね。この本のことを思い出してくれるといいなぁ。

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

clafoutis

週末に学校行事があったため、月曜日が代休になりました。
すると、「また食べられなかった」とネロ子が申します。
なんのことかと思ったら、月曜の給食メニューには「リンゴのクラフティ」というデザートメニューが入っているのですが、このメニューの日はなぜか遠足・代休・病欠になってしまい給食を食べることができないのだそうです。なんでだろう?変なジンクスだね。

クラフティはフランスのお菓子です。
果物にクレープ生地を流してオーブンで焼いたもの。食感はケーキとプリンの中間くらいでしょうか。今の給食ってすごいね、フランス菓子が出るんだね。お母さんの時代はがんばってもゼリーかプリンが関の山だった。

Clafoutis_2

ネロ子はこの4年間で一度しか食べたことがないらしく、なんだかかわいそうなのでおやつに作ってやりました。

クラフティはさくらんぼで作るのが一般的なようで、Wiki先生によると、別の果物に代えるとフロニャルドと呼ばれるんだそうですよ。あーフロニャルドってクラフティのことだったんか。よくフランス料理の本に出てくるんで、いったいどんなお菓子かと思ってたw

「ねぇ、学校で食べるのもこんな味?」
「まぁこんな感じ♪」

そうか、リッツ料理学校のレシピで作っても給食と大して変わらないんだな(笑)。

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

今年もよろしくお願いします

こないだここへやってきたときは、汗をかくような季節だったと思うんだけどな…

ご無沙汰しております。
すっかり年を越してすでに松も取れてしまいましたが、新年のご挨拶を申し上げます。

もそっと書かなきゃダメだろ、自分。

えー、↑の言葉をよく見えるところに貼っておきたいと思います(笑)。
本年もどうぞよろしく。いつでもお立ち寄りくださいませ。

書きかけで放置してあった昨年の記事もこっそり載せてます…(ダメ過ぎだろ自分www)

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

The Little Drummer Girl

Drum

今年のクリスマスプレゼント。
サンタさん、持ってくるの大変だったろうね!(笑)

The Little Drummer Girlといえば、ル・カレの小説のタイトルを連想します。
スパイ小説なのになんで「ドラマーガール」なのかと思ってランダムハウスで調べたら

drum-mer
{英俗}(空き巣目的で留守を確かめるために)ドアをノックする人;
相棒に泥棒させるために召使いになって住み込んだ女.

という意味があるみたい。
ほほーう、スパイだから。

そして、映画版の主演はダイアン・キートンだったんだねと今頃気がつくw

ネロ子はノックしなくていいから、しっかり練習なさい。
らぱぱんぱん~

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

サイン会

鳩山郁子さんの新刊「リテレール」が刊行され、記念展覧会がパラボリカ・ビスで開催されています。ワタクシも行きたいなぁと指をくわえていましたら、気持ちが届いたのでしょうか。京都と大阪でもサイン会が行われることになりました。

Ikukohatoyama02_2

鳩山郁子イラスト集リテレール

「季刊エス」で連載中の「書物と少年」を描いたイラストシリーズをまとめた1冊。
鳩山郁子さん、大好きなんですよ。ええ、誰がなんと言おうと大好き。

久しぶりに恵文社へ行きたかったけど、10日は予定が入っていたので11日の梅田・紀伊國屋書店のサイン会に行ってきました。
鳩山さんにお目にかかるのは初めてなのです。いい年をしてちょっと緊張しましたが、とても魅力的で素敵な方でした。ワタクシ実はネロ子を連れて行ったのですけども(おいおい)「こんなところに連れてきちゃって、お嬢さん大丈夫ですか?わぁかわいい♪緊張してる?」と声をかけていただいて、もうわが娘一生の誉れになろうというものです。

鳩山さんはファンの方といろいろおしゃべりをなさりながら、1冊づつサインを描いていかれます。鳩山さんのサインにはいつも羽のイラストが付いているのですが、それを細いサインペンでさらさらさら…と描かれます。横で見ていて気が付きましたが、鳩山さんって左利きなんですね、知らなかった。えっと、それじゃあネロ子も左利きを直さなくっていいよw

中のイラストがよいのはもちろんですが、イメージの元となった各文学作品についてそれぞれ鳩山さんが感想を記されていて、個人的にこのページがとても興味深かったです。このシリーズ、まだまだ続けてほしいなぁ。

Hatoyama

鳩山さん、またいらしてください。
今度はぜひ個展も!

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

Happy Birthday

Toeshoes

初めて履いたトウシューズが小さくなって、2足目が届きました。
ずいぶん大きさが違うものだね。
それだけあなたが成長しているということだ。

足の大きさも背の高さも、あなたはきっとお母さんより大きくなることでしょう。
そしてずっと高い場所から広い世界を眺めるのでしょうね。

あなたの眺める世界が美しく輝くものでありますように。
10歳の誕生日おめでとう。

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

10日遅れ

10月末、ネロ子の英語の先生が急用で母国へ帰国されることになり、予定していたハロウィーンパレードの日程が10日ずれ込みました。
なんだかんだで、毎年正しい日程でハロウィーンできないのね、ネロ子(笑)。

今年もお母さんは考えたよ。

Halloweenmartha

なにか衣装のネタが転がってないかとこんなのも読んだ。
そして見つけたネタが。

蛾とか
ロボットとか
蜘蛛とか

全てネロ子拒絶(笑)。

そんなこんなで、結局ネコのイメージで作ってみた。
無難過ぎてお母さんはちょっとつまらないけどな。

Halloween201104

イヌじゃないの、イヌじゃないから!

画像の加工でこんな目玉にしてますが、そうだよ本番もこんな目にすればよかったんだよな(爆)。
ガガさまを見習うんだ、ネロ子。


Halloween201105

本体がネコの格好なので、一応お菓子の袋もそれっぽいコーディネイトで考えてみた。
ネズミを紐でぶら下げるとか尻尾を縫いつけるとか、色々アイデアだけはあったのだけど、家人からグロ禁止といわれてホチキスぱっちん程度で我慢する(笑)。

| | コメント (0)

«ただいま